鍼灸治療に使用する「鍼」と「灸」について|尼崎市塚口にある医院|整形外科、リハビリ、介護、デイサービス、鍼灸

亀井整形外科医院

  • 0649613455
  • 0649613477

WEB予約受付

  • アクセス
  • お問い合わせ

ブログ

鍼灸治療に使用する「鍼」と「灸」について

「はり」と聞いて思い浮かぶのは注射針や縫い針といった太い痛い「はり」を思い浮かべられる方が多いかと思います。「はり」が刺さって痛いと感じるのは皮膚に刺さった時です。

皮膚の表面には痛みを感じる痛点という物が数多く存在します。この痛点は一定以上の痛みにしか反応しません。鍼灸治療に使用する「はり」は非常に細く髪の毛ほどの太さしかありません。先端が丸まっていて、弾力もある為、皮膚に刺さる時の抵抗を最小限に抑えられるのであまり痛みを感じません。

また、当院で使用している「はり」はディスポ鍼といって使い捨ての物を使用しております。

一人一人に使い捨ての物を使用するので衛生的にも安全です。

どうしても「はり」に抵抗を感じられる方の為に身体に刺さずに刺激だけを加える物(集毛鍼)もありますのでお気軽にご相談下さい。

鍼1

鍼2

次に「灸」についてですが、「灸」と聞くと熱く我慢をしなくてはならない物と思う方も多いかと思います。昔はもぐさを焼き切って火傷が残る物もありましたが、近年では火傷を残さない熱くない物が主流となっています。当院でも火傷の残らない物を使用しております。

鍼3

鍼灸治療は腰痛やむくみ、膝痛や肩こりなど様々な症状に効果的です。

お気軽にご相談下さい。

 

松井 佳

ページトップへ戻る